内閣府が語る「接触確認アプリ」開発の経緯 「インストール義務化は信義則に反する」

新型コロナウイルスのクラスタ対策を目的として政府が提供するスマートフォン向けの接触確認アプリ「COCOA」。6月19日のリリース以来、7月31日までに996万件ダウンロードされている。COCOA投入までは紆余(うよ)曲折もあり、政府の説明不足から誤解を招いている点も否めない。…

このサイトの記事を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする